御幸町通御池(最寄り駅:地下鉄京都市役所前駅)の歯科・歯医者なら、よしかわ歯科医院

電話予約
初診WEB予約

診療案内

診療案内 services

むし歯

むし歯
  • 歯が痛い、黒ずんでいる
  • むし歯が再発した
  • 食べ物や飲み物がしみる
  • 詰め物・被せ物が取れてしまった
初期のむし歯は経過観察で済むこともありますが、むし歯が進行して歯に穴が開くと、削るなどの大がかりな治療が必要になります。
治療にかかる期間や費用を抑えるためにも、できるだけ早めに治療を始めましょう。
また、歯は削る量や回数が多くなるほどもろくなるため、治療を繰り返さないことも大切です。
むし歯ができてしまった「原因」をきちんと突き止め、症状だけでなく原因そのものを改善していきます。

歯周病

歯周病
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきから血や膿が出る
  • 歯がグラグラする
  • 食べ物がうまく噛めない
  • 口臭がきつくなった
  • 朝起きると口の中がネバつく
歯ぐきや歯を支える周りの組織が細菌によって炎症を起こす病気が、歯周病です。
歯ぐきの炎症から始まり、進行すると顎の骨を溶かし、歯が支えられなくなるなどのお口のトラブルを引き起こします。また、細菌によって誤嚥性肺炎や糖尿病、心疾患、脳梗塞、認知症などの重篤な病気を誘発・悪化させることもあります。

入れ歯

入れ歯
  • 入れ歯を作りたい
  • 入れ歯を調整したい
  • 入れ歯の相談をしたい
一度削ったり抜いたりしてしまった歯は、元に戻すことができません。歯がないと毎日のお食事や会話もうまくできず、歯は私たちが生活していくうえでとても大切なものなのです。
歯を失ってしまった場合は、当院でお口にぴったりと合う義歯を製作いたします。他院で作った義歯の調整も承りますので、お気軽にご相談ください。

小児歯科

小児歯科
  • 子どものむし歯を治療したい
  • 子どものむし歯を予防したい
乳歯は永久歯よりも弱いため、むし歯になるとあっという間に進行してしまいます。
乳歯のむし歯を放っておくと、永久歯もむし歯になったり、まっすぐ生えてこなかったりと、将来的にも悪影響を及ぼします。
そのため、「むし歯かな?」と思ったら早めに治療しましょう。
当院では歯科医院への苦手意識を植え付けないように、治療を無理やり行うことはいたしません。
お子さまのペースに合わせて治療を進めますので、安心しておまかせください。

審美治療

審美治療
  • 詰め物、被せ物の金属アレルギーが気になる
  • 歯の欠け、大きさ、隙間をきれいに整えたい
お顔全体の印象は、口元が大きく左右します。
当院では見た目の美しさはもちろん、「噛む」「話す」といった機能面のバランスも重視し、できる限り自然で健康的な状態をめざしています。症状やライフスタイル、ご予算などに応じて治療方法や使う歯科材料をご提案し、ご一緒に決めてまいります。まずは一度ご来院いただき、「金属の詰め物や被せ物を白くしたい」「歯の隙間が大きい」など、気になる部分やご希望をお聞かせください。

※自由診療です。治療費用〇〇円~
※歯科素材によっては、過度な力がかかると破損する可能性があります。

ホワイトニング

ホワイトニング
  • 歯を白くしたい
  • 歯の黄ばみが気になる
歯の黄ばみは、加齢や遺伝、食生活などさまざまな要因が影響して起こります。
ホワイトニングは、歯の黄ばみを削ることなく、専用の薬剤で白さを取り戻す治療です。
当院では歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」をご用意し、ご希望の白さや歯の状態、ライフスタイルによってお選びいただいています。
歯の色が気になる方は、お気軽にご相談ください。

※ホワイトニングはお口の状態が安定していることが必要です。むし歯・歯周病などがある場合は、先にその治療を行います。※一時的に知覚過敏が起こることがあります。
※自由診療です。治療費用〇〇円~ 

予防・クリーニング

予防・クリーニング
  • むし歯・歯周病から歯を守りたい
  • むし歯を再発させたくない
  • いつまでも自分の歯で食事したい
  • お口から全身の健康を守りたい
むし歯や歯周病は、「病気になってから治療する」のではなく「病気になる前に予防する」ことが大切です。 予防・クリーニングとして、むし歯や歯周病を防ぐための治療やケアを行います。適切な歯磨きの方法を身につけ、定期的な検診やプロによるクリーニング、歯質を強くするフッ素塗布などで、お口の健康を守っていきましょう。

オーラルフレイル対策

オーラルフレイル対策
  • よく食べこぼす
  • 固いものが噛めない
  • 飲み物を飲むとむせる
  • うまく発声できない、滑舌が悪い
オーラルフレイルとは、食べる・話す・表情をつくるなどの「歯や口の機能が衰えること」です。お口の衰えから全身の衰えへとつながるため、老化の始まりのサインと解釈されることもあります。健康な状態から要介護の状態になる間を「フレイル期」といい、オーラルフレイルの症状もこの時期に現れます。
口腔機能が衰えると、栄養が不十分になって筋力の低下を招き、外出が減るなどの結果、介護が必要になるという悪循環に陥りかねません。いつまでも健康的に過ごすために、当院でオーラルフレイルの対策を始めましょう。