御幸町通御池(最寄り駅:地下鉄京都市役所前駅)の歯科・歯医者なら、よしかわ歯科医院

電話予約
初診WEB予約

コラム

コラム COLUMN

ダラダラ食べがむし歯をつくる!?子どものおやつの選び方

こんにちは。
 
御幸町通御池・京都市役所前駅の「よしかわ歯科医院」です。
 
 
お子さまは、いつも、どのような「おやつ」を食べているでしょうか。
 
子どもは、まだ一度にたくさんの量を食べることができないので、朝昼晩の3回の食事だけでは、栄養がたりません。
 
第4の食事として、おやつはとても重要な役割を担っています。
 
そんなおやつには、むし歯になりやすいおやつと、なりにくいおやつがあります。
 
今回は、「むし歯」と「おやつ」の関係について解説します。
 
 

むし歯になりやすいおやつとは

むし歯になりやすいおやつには、実はいくつかの特徴があります。
 
その特徴とは、下記の3つです。
 
・砂糖を多く含んでいるもの。
 
・べたべたして歯にくっつきやすいもの。
 
・長く口の中に残るもの。
 
むし歯菌の栄養になる「糖」が、歯に長時間くっついていると、むし歯菌の栄養になるむし歯になるリスクが高まります。
 
特に、キャラメル、グミ、あめ、チョコレート、クッキー、ケーキなど、甘くて歯にくっつきやすく、口内に長くとどまる食べ物は注意が必要です。
 
それらのおやつは、なるべく口にする回数を減らし、食べた後は歯磨きをしたり、口をゆすいだりする習慣をつけましょう。
 
 

おすすめのおやつとは

では、おやつは、どのようなものを選ぶと良いのでしょうか。
 
おすすめのおやつの特徴は、下記の3つです。
 
・自然な甘みのあるもの
 
・長く口に残らないもの
 
・栄養補給できるもの
 
「むし歯になりにくく、さらに必要な栄養補給ができるおやつ」がおすすめです。
 
例えば、野菜スティック、フルーツ、ヨーグルト、アーモンドフィッシュ、サツマイモ、おにぎり、せんべいなどです。
 
無糖のヨーグルトは、フルーツなどを混ぜると食べやすくなります。
 
また、おにぎりは、チーズやひじき、鮭などを混ぜると、カルシウムやマグネシウムなど、いろいろな栄養をとることができます。
 
 

むし歯になりにくい食べ方とは

むし歯予防のためには、おやつの食べ方も重要です。
 
食べ物が長時間にわたって口内に残ると、むし歯のリスクが高まります。
 
いつまでもダラダラおやつを食べていると、常に口内に食べ物があることになり、むし歯になりやすい状態をつくってしまうのです。
 
おやつの量と時間はきちんと決め、いつまでもダラダラ食べないように気をつけましょう。
 
 
子どもにとって、おやつは大事な栄養補給です。
 
むし歯や栄養面のことを考えながら、ぜひ上手に取り入れてみてください。