御幸町通御池(最寄り駅:地下鉄京都市役所前駅)の歯科・歯医者なら、よしかわ歯科医院

電話予約
ネット予約

コラム

コラム COLUMN

予防すれば80歳で20本の歯を残せる!生涯自分の歯で過ごす!健康で幸せな生涯のために

こんにちは。

御幸町通御池・京都市役所前駅の「よしかわ歯科医院」です。

幼いころに、おじいちゃんやおばあちゃんが、入れ歯を外しているのを見たことがある方もいらっしゃるでしょう。

「高齢になると、入れ歯になるのは仕方ないこと」と思っていませんか?

いいえ、そんなことはありません。

最近では80歳で20本の歯が残っている方は珍しくありません。

そういった方はもう一段目標を上げて、生涯自分の歯で食事をすることを目指しましょう!

歯を失う主な原因は、むし歯や歯周病です。きちんと予防をすれば歯を残せるのです。

そうすれば、食べたいものをおいしく食べられて、幸せに過ごせますよ。

今から数十年後を想像するのは、難しいことかもしれませんね。

しかし、いつまでも健康で元気に生きるために、80歳で20本、出来れば生涯全部の歯を残すことを目標にしたデンタルケアを始めませんか?

生涯の幸せにつながる!8020運動

8020運動は、1989年より厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という運動です。

20本以上の歯があれば、ほとんどの食べ物を噛み砕くことができて、味を楽しみながら食事ができると言われています。

そして、自分の歯で噛むことは、全身や脳に及ぼす多くのメリットがあります。

【自分の歯で噛むメリット】

おいしく食べられる (歯ごたえのあるものもしっかり噛めて、よく味わうことができる)

むし歯予防 (唾液が増えて、むし歯のもとになる細菌を洗い流す)

胃腸の働きを促進 (細かく噛み砕くことで、胃腸の負担を助け、消化が良くなる)

しっかり発音でき、表情も豊かに (お口のまわりの筋肉がよく動き、鍛えられる)

認知症予防 (刺激が脳に伝わり、脳が活性化)

自分の歯が残っていれば、生活の質が高まり、イキイキとした幸せな毎日を過ごすことができますね。

生涯、健康で幸せに暮らすためには、自分の歯を20本以上残すことはとても大切です。

知っておこう!高齢者のお口の状態

年齢を重ねると体にはさまざまな変化が現れますが、それはお口の中も例外ではありません。

高齢者のお口の中の状態は、どうなっているのでしょうか?特徴を見ていきましょう。

治療のあとが多く、詰め物や被せ物がある

●加齢によって歯ぐきが下がり、歯の根元がむき出しになりやすい

●お口の中には、唾液の力で歯に付いた細菌を洗い流し、清潔に保つ自浄作用がありますが、高齢者は唾液の分泌量が減り、お口の中の自浄作用が低下する

このような症状が見られ、高齢者のお口は、むし歯や歯周病になりやすい環境と言えます。

半数以上が8020を達成!

8020運動が開始された平成元年当初、8020を達成している高齢者は7%程度で平均残存歯数は4~5本でした。

しかし、歯と口の健康への関心が高まり、むし歯や歯周病の進行を抑えようと努力する人が増え、達成者の割合は51.2%(2016年に厚生労働省が行った歯科疾患状態調査による)まで改善されました。

全体の半数以上の方が達成です。80歳で20本以上の歯を残すことは決して遠い目標ではなく、実現できる目標ですね。

では、8020達成のためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか?

高齢になると歯がなくなってしまう主な原因は、むし歯や歯周病です。

日頃の歯磨きに加えて、歯間ブラシやデンタルフロスなどの歯間清掃具を追加し、丁寧にお口の中をケアしましょう。

そして、何よりも重要なのが定期的に歯科医院でプロのケアを受けることです。セルフケアでは取り除けない歯垢を除去して、むし歯や歯周病の早期発見や治療につなげましょう。

よしかわ歯科医院では、歯やお口の働きの衰えの対策についてのご相談も行っています。

症状に早く気づくことで、歯を残せる可能性が大きくなります。

気になる症状がありましたら、何でもお気軽にご相談ください。予防や改善をご一緒に行っていきましょう。