御幸町通御池(最寄り駅:地下鉄京都市役所前駅)の歯科・歯医者なら、よしかわ歯科医院

電話予約
初診WEB予約

コラム

コラム COLUMN

前は白かった歯が黄色い!?歯が黄ばむ理由、白くする方法

こんにちは。
 
御幸町通御池・京都市役所前駅の「よしかわ歯科医院」です。
 
 
以前より、歯が黄色くなったように感じる方はいらっしゃいますか?
 
コーヒーや紅茶の飲みすぎ?それともカレーなど、色の濃いものの食べ過ぎ?歯磨きがきちんとできていないから?
 
そういった飲み物・食べ物による着色汚れ(ステイン)も歯が黄色くなる原因のひとつですが、「加齢」が要因になることもあります。
 
加齢による歯の黄ばみとはどういうことか、白い歯を取り戻すにはどうすればいいのかを説明しましょう。
 
 

どうして年齢を重ねると歯が黄ばむの?

加齢で歯が黄色くなる理由は、歯の内側にある黄色い象牙質が透けて見えることにあります。
 
歯の表面には「エナメル質」という白っぽくて硬い層があります。
 
このエナメル質の厚さは2~3mmで、人間の体の中でも一番硬い組織で作られていますが、酸に弱く、一度失われると再生できません。
 
エナメル質の内側には「象牙質」という黄色く柔らかい組織があり、歯の大部分を占める主成分です。象牙質は加齢とともに厚くなり、濃い色に変色します。
 
もともと黄色い象牙質がさらに濃くなり、加齢とともに薄くなったエナメル質を通して、透けて見え、歯が黄色く見えるのです。
 
 

漂白作用が含まれるホワイトニングは、歯科医院だけ!

歯を内側から白くするには、歯科医院で「ホワイトニング」を行う必要があります。
 
漂白作用がある薬剤「過酸化水素」は、歯科医院のみで取り扱うことができます。
 
その薬剤を象牙質まで浸透させて黄色い色素を分解し、歯を内側から白くしていきます。
 
当院のホワイトニングは、歯科医院で施術する「オフィスホワイトニング」と、マウスピースと薬剤を購入して患者さまが自分自身で行う「ホームホワイトニング」があります。
 
患者さまのご希望をおうかがいし、歯の状態やライフスタイルに合わせて、相談しながら選んでいただけます。
 
「黄色く変色した歯の色が気になる」「白い歯を取り戻せるの?」という方は、お気軽にお問い合わせください。お待ちしています。